鈴懸の径

ここだけは急がない言葉

日韓戦はおもしろくなければならないのだ

前回の記事を見て愕然としています。絶望感というか、失望感というか。途中で投げ出したブログを投稿するなどという、後悔しか湧かない文章に、、、いや一笑に付して記憶から消し去るとしましょう。

さて、今回は日韓戦。結果は1-4の惨敗。言葉の通り惨めな敗戦となりました。最終予選、苦戦続きだったことから、多くの人が韓国をなめてたのではないでしょうか。なめてはいなかったとしても、ここまでいいサッカーをすることは予想した人は少なかったのではないでしょうか。

日本は実に韓国のいい部分を引き出してくれました。

様々な記事を俯瞰すると、敗因として最も挙げられているのがディフェンスラインの低さ。これはその通りだと思います。ディフェンスラインの高さは中盤、前線と連動して決まるので、ディフェンダーだけの責任とは言えませんが、いくつかの場面で、明らかにディフェンスの上げ遅れが発生していました。

ディフェンスラインを上げるというのはどういう効果があるのかというと、相手中盤はシュートを打てるポジションにいるフォワードにボールを渡すというのが役割なわけですから、その人がオフサイドと分かるとパスが出せなくなります。フォワードは下がらざるを得なくなりゴールから遠ざかるので、パスをもらう意味がなくなってしまいます。またラインを上げると中盤の人口密度が高くなります。攻守が入り乱れるとミスも置きますし、パスコースが減ります。これがプレスという守備です。

たまに弱いチームが強いチームに対してディフェンスラインを下げてカウンターのみを武器にして戦うことがあります。ディフェンスラインだけでなくフィールドプレーヤーのほとんどが自陣に引いて守備に徹することでディフェンスラインの厚みを生んで、きわめて低い位置でプレスをかけるわけです。すると攻める側は後方に広い逃げ場があるので、ボールを後ろに回してしまいます。

日本はアジアのチームによくこれをやられて攻めあぐねてドローに持ち込まれることがあります。

ラインを低くするときは、トップから全体を自陣に引き下げて守備ブロックに厚みを作らなければ低くする意味がないのです。

さて日韓戦に話を戻すと、中盤は明らかに負うべきか引いて待つべきか迷っていました。中盤でも誰があたるのかに迷いがありました。下がり切れない、上がり切れない中途半端なポジショニングでディフェンスの少し前のスペースをいいように使われてしまいました。さらに相手のフォワードはマーカーより10センチも背が高い。このミスマッチを突かない手はないです。

もちろん、1点取って逃げ切りのために全員が引いて守りに徹するという戦術もありますが、のこり80分以上もある時点でとる戦術ではありません。それでも下げてしまっていたことは敗因として正しいですね。

次に見かけたのは起点の不在。ゲームを組み立てる人間がいなかった、という指摘です。日本はアジアでは強いのでどちらかというとキープして組み立てるサッカーをせざるを得ません。相手が守備に徹する場合が多いからです。ゲームメーカーにボールを集めて、ボールを裁いて相手を散らしてすきを見つけてゴールに向かうという戦術です。ハリルは10番主導の遅攻より縦に早いサッカーを志向するので、ゲームメイクできる本田、香川、清武、中村憲剛といった選手を軽視してますが、やっぱり90分もある中でスピード勝負だけでは形が作れない相手はいます。今回のゲームは誰が司令塔だったのかスタメンからはさっぱりわかりません。

この点でハリルを批判するマスコミ、多いですよね。アジアを相手にするときはゲームをどう作るかというのは試合の中で考えて組み立てる余裕があることはありますから、10番の重要性はとても重要ですが、ワールドカップで勝つことを考えると10番が素晴らしくても要所要所勝ちを拾えなければ試合に勝つことはできない。球際だったり、ドリブルで抜く技術だったり、ゴールキーパーとの一対一だったりですね。ハリルはここで勝てという意識が強いのだと思います。

まぁそれだけでもダメなんですけど。

私がそれ以上に感じたのは意識の低さです。冒頭にのべた、なめてたのではないか。ということです。どの選手か「あれはブラジル相手にするようなサッカー」と試合後にコメントしていました。これは相手は日本をリスペクトして本気を出していたけど日本は・・・ということだと思います。

思ってたより速い。思ってたより当たりが強い。などと面食らってる間に90分が過ぎたような印象でした。

これは選手も監督も同罪でしょう。コーチ陣も。

そもそも韓国は背格好は日本と近いわけですからストロングポイントも似ています。細かくて早くてしなやかです。その分早いプレスには弱いしパワープレーはしょせんアジアレベルです。韓国はそんな日本のいいところを素早いプレスでつぶしてくれました。日本も同様につぶしあえればよかったのですが、思ったより早い相手に出足で負けて、更にスペースも与えたら、相手はわざわざ強引なカウンターを使うこともパワープレーに頼ることもなく、攻めやすい攻め方で攻められるわけです。

それをされても勝て、というハリルの檄なら、この試合は収穫だらけかもしれません。ハリルは次から次へと薦される次世代代表選手を選出しない理由を国民に見せつけることができたわけですし、代表に選ばれるのに必要なレベルを体感できたわけですから。

でもこれは大会なのでおそらくそれはないでしょう。この程度で勝てると踏んだ構成だったのでしょう。でなければ相手をほめちぎるなんてできません。

次の親善試合は3月ですが、何を目的に行うのか、ハリルはそろそろ名言したほうがいいかもしれませんね。あと、今回代表レベルにない選手が何人もいましたが、1年間はないよ、と言ってあげたほうがいいかもしれません。

 

ワールドカップのメンバー予想をして終わります

迫(川又) 岡崎

乾 井手口 長谷部 香川

長友 槙野 吉田 酒井

川島

次の親善試合で変わるかもしれませんが、今日時点の私の希望です。