読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかがわです

10年ぶりにブログを書いてみる。

あと2時間ほど残業してます。

本日の残業アルバムはこちら

タランティーノ・コネクション

タランティーノ・コネクション

 

 

続きを読む

【閑話休題】愛知県民は強い。世界に出て行く力があるはずだ。という話

www.msn.com

 

私は東京生まれだ。しかしながら産み落とされたのが母の実家である東京都日野市というだけで、幼少期か高校卒業までを愛知県で過ごしてきた。ゆえに喋る言葉は三河弁であり、皆で遊ぶといえば名古屋なわけだ。

大阪にきて15年たつわけだが、やはり名古屋は故郷であり、好きな街のひとつである。たまたま地縁があるからという以外に、名古屋のいいとこ、だめなところを肌で感じてきたつもりであり、他との比較して上でいい街だといえるところがたくさんある。それ上に名古屋が叩かれているのを看過するわけには行かない衝動に駆られてしまうわけである。

 

名古屋が田舎という人はいないだろう。

関東関西に比べればごみごみしているわけでもない。

土地も広い。

自動車産業のおかげで車も走りやすい。

車社会とはいえ市内は地下鉄もある。住宅地には電車もちゃんと走っている。

 

そう、愛知県は快適なのだ。

 

こんな快適な街を捨てて、わざわざとろくさい病気がはやっとる東京や、くいだおれとる大阪に出て行く必要はないわけだ。
愛知県民は外に出ないのだ。

ゆえに、愛知県の文化が外に出て行かないのだ。

そうやって外界との溝が埋まることなく、外界には理解しがたい文化が独自に発展してしまってきたわけだ。

 

いうなれば、名古屋は都会ではなく、超巨大なムラということだろう。

 

しかしそんな街ではあるが、愛知県をとびでて活躍している人は昔からたくさんいた。徳川も織田も豊臣も、細川も一色も吉良も今川も前田も山内も蜂須賀も愛知県民だ。三河武士、尾張武士が武士のスタンダードだ。

近代にも豊田家作ったメーカーは世界トップクラスになった。盛田家もそうだ。

愛知県民、自信をもって外にでろ。

そして愛知県を伝えよう。

こういう苦労人が会社を支えていると自覚できている会社はマシ

ニュースのこと

headlines.yahoo.co.jp

 

月200時間の残業というと、もはや通常勤務時間より残業時間のほうがながい状態になってしまう。月22日の出勤日があったとして、8×22=176時間

これに200時間を加えて30で割ってみると…答えは約12.5時間。土日出勤も含めて平均12時間。仮に平日に14時間(私の平均的な拘束時間)働いたとして、残り60時間ほどが週末に回る。

 

・・・やはりかなりえぐい働き方をしているな。

 

と思って手帳を過去にさかのぼると、私にも5日間連続で睡眠時間2時間という週があった。休憩を除いても1日21時間。わずか1週間で100時間働いていた週が自分にもあったわけだ。ちなみにその前の週も80時間。えぐい。

とはいえ、幸い私はプロジェクト単位ではたいているため終わりがある。

この山場を乗り越えたら休める。という日があるわけだ。だから無茶な労働時間もある程度受け入れている。

 

そして当然山の後には谷もある。

私としては谷、つまり残業するほどの仕事がないことがとても怖い。立派な社畜だ。

 

もう一つありがたいことがある。それはそんなえげつない働き方をすることは会社は当然推奨しない。ともすれば労務管理担当に怒られることもある。まぁ私一人のためにビルの電気使いまくってるわけだから怒られるのもしょうがない。

しかしながら、そんな働き方をしないと生み出せない利益というのがあることもまた事実なわけだ。私一人が生み出せる利益などたかが知れているわけだが、それでも日中ほかの人の手を煩わせたり、夜中の電気代よりは大きい。それゆえに注意を受けながらも多少の感謝は得られている。

 

電通というマンモス組織がマンモスよろしくぱおーんと言ってられるのも、そこにはたくさんのくそほどしんどい思いをして働いている人のおかげ、ということを知らないはずはないだろう。

それを新人、若手に自覚させることは困難だが、この一件で電通はクソみたい評価をしてしまう、現場を知らない評論家風の人たちはやっぱりくそである。

うちのIT環境がくそ過ぎて反省したい

最近、パソコンが使えない大学生が増えているらしい。

matome.naver.jp

 

タブレットを持っている学生は少なくない。スマホに至っては持っていないという人を探すほうが困難。という状況なわけだが、パソコンはどうも使いたがらない学生がふえているらしい。

ITリテラシーというと決して低くはなく、むしろ理解は早いのだが、マウスを転がして、キーボードをたたいて、オフィスソフトを使うということが日常の中にないのだそうだ。

私が大学生だったのはもう10年以上前なのだが、ワードに向かってレポートレポートレポート。たまにゼミで発表するとなればパワーポイントで資料作ったり、エクセルで表を作ったり。何かを調べようと思ったらパソコンひらいてネットにつないで・・・なんてことをやっていれば4年間普通にやってればそれなりのものは身についたはずだ。

レポートこそ今も昔も変わらないだろう。ただそれ以外にパソコンを使う理由がなくなってしまったのだろう。調べるといえばスマホ。メールよりライン…つまりスマホ

ゆえに、卒業間際にオフィスの資格をとれば、私はパソコンを使えます。というアピールができる、なんていう考えに陥るわけなのです。

 

特に説教するつもりはないですが、

MOSという資格は就職において何一つ有利になりませんよ。

それよりも日々ワードとエクセルを使って遊んでくれたほうがよほどビジネスに役立つスキルは身につくと思いますよ。

余談はさておき。

我が家(私と嫁と子ども1人)にはパソコンがありません。

正確には私が97、XP、Me、VISTA、7、10と6台保有しています。一応全部動くのですが、当然10以外はもはや使い物にならないジャンク機と化していますが。

10はノートなので仕事にもっていってしまう。という状態で。基本的にはパソコンというものがありません。持ち出してしまうので、ネットはポケットwifiのみです。

IT機器といえば、ちょっと古めのⅠPadが一つ。

 

学生のことをあれこれ言いましたが。

確かにこれではパソコンスキルなんて身につかないような・・・

 

子どもが中学生になるまでにはそろえてあげようかな。

俺のお古になることは避けられないけど。

 

こんにちは

こんにちは

書きたくなったら書く、という感じで

ゆるくやっていきます。